横須賀市 引越し 安い

横須賀市の安い引越し業者を見つける方法

横須賀市 引越し業者 最安値

横須賀市 引越し業者 安い

横須賀市 引越し業者 料金

横須賀市 引越し業者 比較

 

横須賀市の引越し業者を検索すると15件以上がヒットします。
すべての引越し業者に見積もりを取ることができれば、市内で一番安い引越し業者を探すことができます。

 

しかしそれは、到底無理な話です。

 

すべての業者から見積もりを取るのは無理でも、せめて3〜4社からは見積もりを取って比較してください。
引越し費用が安いのか高いのか判断するには相場を知る必要があり、相場を知るには数社からの見積もりが必要です。

 

そのためにオススメなのが、引越し業者一括見積もりサイトです。

 

24時間いつでも好きな時間に申し込むことができるので、仕事が忙しくて時間がない人にもオススメです。
1度情報を入力するだけで複数の引越し業者から見積もりを取ることができ、相場はもちろん最安値の引越し業者を探すのにも一役買います。

 

横須賀市 引越し業者 相場

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越し料金と繁忙期

 

引越し 料金 繁忙期

 

引越し業者は3月が繁忙期となり、この時期は1年で最も引越し費用が高くなります。
なぜなら4月からの新学期を前に、引越しが集中するからです。
最悪の場合は見積もりすら取れず、見積もりの段階で断られるほど引越し業者は大忙しなのです。

 

新学期前になると、新大学生が大学の近くで一人暮らしを始めたり、新社会人が会社の寮に入ったりします。
また春の大規模な人事異動も同じ時期なので、転勤の辞令が出たサラリーマンは単身赴任をしたり、家族で引越しをしなければなりません。

 

せめて繁忙期の時期をずらすことが出来ればいいのですが、学校の関係もあるのでそう簡単ではありません。
同じ荷物を同じ距離だけ運ぶのにその費用が違うなんて宅配や郵便では考えられませんので、引越し業者だけの独特なシステムというわけです。

 

引越し業者も繁忙期はスタッフを増員したり、残業になることが多くなるのを予想して人件費を多く設定します。
よって繁忙期の引越し費用は通常期に比べて、高額となるのです。

 

もし可能であれば先に必要なものだけを持って引越しし、落ち着いた頃に本格的に引越しするのがオススメです。
繁忙期が避けられるならそのほうが良いです。

 

 

引越しと粗大ゴミの処分方法

 

引越し 粗大ごみ

 

引越しの前に大きな不要品は処分しましょう。大きな物は引越し費用にも関わるので、早めに動いてくださいね。

 

ちなみに粗大ゴミは一辺が50センチ以上あるもの、もしくは重さが10kgを超えるものを言います。
それとガスコンロや電子レンジ、石油ファンヒーターや石油ストーブは大きさに関わらず粗大ゴミです。

 

粗大ゴミの処分方法には、回収に来てもらう方法(有料)と自分で捨てに行く方法(無料)の2つの方法があります。

 

【A:回収に来てもらう方法(有料)】
1・リサイクルセンターに連絡をして、回収に来てもらえる日を予約する。
 ※商品の種類や大きさ・個数、氏名・住所・電話番号を聞かれます。
 ※シールの枚数と金額、収集日と粗大ゴミを出す場所を教えてくれます。

 

2・スーパーやコンビニで販売している「粗大ゴミシール」を買って、粗大ゴミに貼る。
 ※一度購入した粗大ゴミシールは払い戻しや再発行ができません。
 ※粗大ゴミシールは、一点ごとに必要枚数を目立つところに貼ってください。

 

3・あとは指定された収集日の朝8時までに、申込時に確認した場所に出す。

 

【B:自分で捨てに行く方法(無料)】
1・リサイクルセンターに連絡をして、持ち込みをする日を予約する。
 ※当日の予約は受け付けておりません。
 ※予約可能期間は一週間先までのところもあります。
 ※持ち込み希望日、時間、処分予定の商品名、数、持ち込む車両番号を伝えると、予約番号をが貰えます。

 

2・あとはリサイクルセンターに直接持ち込む。
※予約番号と氏名を受付に言います。
※粗大ゴミシールは必要ありません。

 

少し面倒ですが、頑張ってください。

 

ここで一つ問題となるのが家電リサイクル法で定められた家電です。
これらを処分したいときは、家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクル(有料)が必要になります。

 

家電リサイクル法で定められた家電とは、エアコン・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)・冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機です。